About us会社概要

社名 ナノミストテクノロジーズ株式会社
設立 2002年10月1日(超音波醸造所有限会社として)
2011年 4月 1日 社名変更・増資
資本金 4億8019万円(2017年11月30日現在)
役員構成

                 

代表取締役社長 松浦 一雄» 略歴
取締役 安藤 由希子» 略歴
取締役 伊藤 成治» 略歴
社外取締役 津幡 靖久» 略歴
社外取締役 鑓水 英樹» 略歴
社外取締役 淡路 努» 略歴
監査役 松浦 直資» 略歴
従業員数 7名
業務内容
  • 超音波霧化分離装置の開発製造販売
  • 汚水浄化装置の開発製造販売
  • 温泉濃縮装置の開発製造販売
  • VOC回収・再生装置の開発製造販売
  • 微紛体製造装置の開発製造販売
受賞歴 2012年 米日協会Tomodachi Tohoku Challenge グランプリ
2012年 徳島ニュービジネス協議会支援大賞
2009年 第3回日本ものづくり大賞四国経済産業局長賞
2009年 四国産業技術振興センター理事長賞
2002年 食品産業センター会長賞
主要取引先
  • 常石造船株式会社
  • 東京エレクトロン デバイス株式会社
  • オルガノ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • 本田技研工業株式会社
  • 花王株式会社
代表電話 088-684-3399
FAX 088-684-3398
email
本社所在地 〒772-0004 徳島県鳴門市撫養町木津字西小沖635番地1
東京支店 〒184-0002 東京都小金井市梶野町一丁目2番36号
東小金井事業創造センターKO-TO
東小金井事業創造センターKO-TO
取引銀行
  • 阿波銀行 鳴門支店
  • 愛媛銀行 徳島支店
  • 伊予銀行 徳島支店
  • 徳島銀行 大麻支店

Mission経営理念

Sustainable Spirits!

  1. 世界に先駆けた独自技術で、人類の発展と環境の改善維持に貢献する
  2. 顧客の要望を成長の機会と捉え、誠意を込めて対応する。その中に新しい発明発見が生まれる
  3. Contribute-Think-Check-Develop cycle をフル回転させ、自分の能力向上を会社の発展と一致させる
  4. 顧客と社員とその関係者が豊かになることを両立し・目指す
  5. 社会の変化とニーズを自己変革の糧とし、チャレンジできる喜びをかみしめる

Message代表取締役ご挨拶

代表取締役社長 松浦一雄
代表取締役社長 松浦 一雄

弊社の「霧化」分離システムについて

『溶液を分離精製する』という基盤技術は、酒や香料の製造、食品・飲料の濃縮からはじまって、石油精製、化学製品の製造、工場内では廃液のリサイクルや汚水の減容処理、海水の淡水化まで多岐にわたる生産プロセスに導入されています。

生産者に求められる技術要求の複雑・高度化が加速する中で、弊社の「霧化分離システム」は、蒸留や濾過のような従来技術とは異なり、加熱や加圧が一切不要なために、

  1. より安全な製造環境
  2. イニシャルとランニング両面での大幅なコスト削減

の2つを実現することができます。

弊社は、有史以来の技術潮流を俯瞰すると「非熱化」と「スチームレス(無蒸気)化」の2つをキーワードとして挙げることができると考えています。

人類は高温で鉱石を溶かして構造物を成形する、液体を沸騰させて化学変化を起こすなどして、生活に必要なモノのカタチを変化させてきましたが、現在でも低温度化、すなわち“非熱化”に向けた技術開発への取り組みが続けられています。

産業革命以降は、石炭燃料による“蒸気”の活用から脱化石燃料へ、そして産業と家庭の両部門における電化が加速しており、これは見方を変えれば “スチームレス(無蒸気)化”とも表現することができると考えられます。

弊社独自開発の「霧化分離システム」は、有機・無機を問わず「非熱」「スチームレス(無蒸気)」で分離精製を行うことができる、溶液化学分野における基盤技術の一つになり得ると考えています。

弊社は全社員一丸となり「霧化分離システム」の拡販を通じて“世界のモノづくりの高度化”に貢献してまいりたいと存じます。

代表取締役社長 松浦 一雄

ナノミストテクノロジーズと機関の連携

  • 食品加工(濃縮)開発研究(A-STEP)(2014)
  • NEDO実用化開発費補助事業の主任開発者(2004-05)