超音波霧化分離装置 大規模処理用 

大規模装置におけるスケールメリット

標準タイプの霧化ユニット
ユニットを並べて霧化層にします。このユニットと槽を標準化しているので、スケールメリットが出てきます。
この霧化層を上に積み上げていくイメージです。
この霧化層を上に積み上げていくイメージです。
廃水処理用の大規模装置の例
廃液処理用の大規模装置の例

大規模装置における最大のポイントは、スケールメリットです。
スケールメリットは次の考察で超音波霧化分離においても働きます。

超音波霧化分離の主要な構成要素は、次の4つです。

  1. 霧化部(振動部分含む)
  2. 振動子駆動電源
  3. ミスト搬送部(ブロア、配管)
  4. 回収部

2)~4)にはスケールメリットが見込めるのです。
1)の霧化部については、超音波振動子1個に対応した搬送気体の流路が必要でScale factorはあまり効きませんが、ハードウエアの製造コストは規模の経済性が働きますのでコストダウンが可能です。

ただし、膜分離と同じく並列処理が可能で、蒸留と異なり装置がロバストで全体がダウンすることはありません。なぜなら、小さな霧化分離部分の集まりで、電気的に作動状況を制御できますので、

  1. 装置の隅々の稼働状況を監視しながら、
  2. 個別の分離ユニットをメンテナンスしつつ、
  3. 連続的に長時間稼働することができるのです。

超音波霧化部は、もはや蒸留塔の様相ではなくなり、環境を外部と遮断した階層構造の建物の中で、多数の分離ユニットが廃熱無く共同するというクリーンなイメージに生まれ変わることができるのです。

超音波霧化分離技術とは

「超音波霧化分離技術」は従来の蒸留法に代わる可能性を持つ、非加熱・省エネルギータイプのアルコール濃縮・分離技術です。各種溶液に1.6MHz~2.4MHzの超音波を与えると“霧”が発生し、その霧を回収すると、蒸留法よりも低エネルギーでかつ高効率で各種物質を濃縮・回収する事が可能です。

用途

  • バイオマスアルコール製造におけるアルコール濃縮行程への利用

使用例

  • 食品系廃棄物からの有用成分の回収。例えば香酸柑橘類廃果皮からの香気成分の濃縮・回収
  • 電子材料工場から排出されるIPA(イソプロピルアルコール)溶液の濃縮・回収
  • 有機溶媒を含む廃液からの有機溶媒の回収

基本情報

仕様 ※ 個別に仕様書を提出いたします。
よく使用される業種 試験・分析・測定、環境、エネルギー、医薬品・バイオ、建材・資材・什器、製造・加工受託、その他製造、医療・福祉、教育・研究機関、その他